法人第二部 部長

CHIHIRO TANAKA

2020年中途採用

入社のきっかけは?

「M&Aの業界に入るのに早いに越したことがない」と思ったからです。
前職の証券会社ではリテール営業を行っており、その中で「自分が果たすべき役割」と「金融・証券業界の将来」に不安を感じました。転勤が当たり前で、顧客とは期間限定のお付き合い、それでも収益は上げなければいけない構造に疑問を持ち、いつまでもこのやり方で仕事をしていていいのかと葛藤する中でM&Aのアドバイザーに興味を持ちました。

M&Aの仲介会社の面接を複数社受ける中で、佐上と出会い、この会社に入社しようと即決しました。
M&Aが活況であるうちにいち早くキャッチアップするには、早く決断をして早く行動を取ることが必要であるという考えが合致していたこと、また、上場に向けて会社が一丸となって一つの方向に動いているところが魅力に映ったからです。

業務内容と仕事のやりがいを教えてください。

業務内容は、譲受候補企業様への提案とチームメンバーの育成です。
譲受候補企業様がどのような戦略でどのような領域をターゲットとしているかをヒアリングし、提案を行います。
新しいメンバーが毎月続々と入社しているため、早期にキャッチアップし、活躍できるよう、新メンバーは勿論、チームや上長とコミュニケーションを密に取りながら育成をしております。

M&Aアドバイザーの業務は、譲渡企業のオーナー様が築き上げた会社を承継するという人生を大きく左右する決断、また譲受企業様は何億円、何十億円という金額でその意思を引き継ぐという決断をサポートする仕事です。この重要な決断の力になれるということに非常にやりがいを感じています。

1日の流れを教えてください。

9:00 出社 メールのチェック、返信、当日の提案準備を行います。
9:30 マッチング会議 企業情報部の担当より案件の共有、譲受候補企業のアイデアを出し合う会議を行います。
10:00 案件提案 電話/オンラインで譲受候補企業様に案件の提案を行います。ここではノンネームでの初期提案から、詳細情報を基にした具体的な提案までを行います。
12:00 ランチ オフィスで手短に済ませます。
13:00 案件提案 電話/オンラインで譲受候補企業様に案件の提案を行います。必要に応じて質疑応答も併せて行います。
17:00 各種手続き 契約書の作成や修正等を社内弁護士と協議しながら進めます。
18:00 リスト作成 各種案件のロングリストを作成。翌日提案予定の案件の準備を行います。適宜企業情報部の担当とミーティングを行い、案件を整理していきます。切りのいいところで帰宅します。

これからの目標はありますか?

譲渡企業のオーナー様、譲受企業様が、M&A総合研究所を通じて、会社を売るまたは買うという決断をしてよかったということを感じてもらえるよう、日々の業務に取り組んでいきたいと思っています。M&Aという選択肢を取ることにより、1社でも多くの企業の発展や存続に役立ちたいと考えています。
また、入社の理由でもある「上場」という目標を達成すべく、日々の業務に真摯に取り組み、当社の成長にも貢献していきたいです。

M&A市場を、次のステージへ
共に導く仲間を求めています。